×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の医療保険

子供の医療保険は必要か?その必要性は?

 

子供には民間の保険会社が販売する医療保険は必要ないと言う人がいます。これは、保険の専門家であるアドバイザーなどをしている人でも、雑誌や書籍などで、子供の医療保険は必要ないと言っているのを見たことがあります。

 

現在の日本の公的医療制度は、小さな子供には手厚い保護がされています。一般的に、乳幼児医療制度という公的制度によって、医療費負担が免除されたり、出費が少なくて済むような制度があります。これは、各地方自治体が運営しているので、お住まいの地域によって違いがあります。

 

この為、子供に関しては、病気で入院したとしても特に大きな出費が必要になると言う事はありません。そのような事から子供の医療保険は必要ない、必要性を感じないと言う専門家がいるようです。

 

 

 

子供の医療保険がある方が良いケース

 

子供の医療保険は必要なのか?必要性があるのか?と言った事柄は、見方を変えるとその必要性が分かってきます。特に、子供の医療保険は、
・夫婦共働き
・シングルマザー
・シングルファザー
などのような家庭の場合には、子供にも医療保険が必要ではないかと思います。

 

このような家庭の場合には、共通しているのは、働いている人が子供の看病をする事になると言ったケースです。祖母、祖父など、子供の面倒を見てくれる人が居ない場合には、仕事を休んで子供の看病、面倒を見ることになります。

 

さらに、子供が病気がちで入退院を繰り返すようになると、仕事を休む機会が増えることになります。そのようになると、有給休暇にも限度があり、結果的に、収入減に繋がる可能性があります。

 

 

親が病気や怪我で入院した場合には、医療保険で充分な保障を準備している人は多いと思いますが、子供が病気で親が仕事を休む必要が出て来るケースを想定している人は少ないように感じます。

 

実際に、このようなケースを想定した場合には、どれくらいの保障が必要でしょうか?そのような事を考える場合には、自分で計算するというのは、なかなか難しいですし、面倒な作業でもあります。

 

この為、簡単にどのような保障が必要かを知る方法として、ファイナンシャルプランナー(FP)などの保険の専門家への無料相談サービスを利用するのがお勧めです。